ファームテック株式会社 Technical Information  技術情報のページ
Welcome to "FarmTech Co., Japan" - Your Partner & Solution to Green-Agri for both Farmer and Consumer! 
ようこそ。弊社は、「食の安全と安心」を念頭に、生産者と消費者の双方に役立つグリーン技術を提供します!
 
フリーダイヤル 0120-23-2335, tel 0972-46-1600, fax 0972-46-1807, email: farmtec@saiki.tv
※プロバイダによってサイトが正しく更新されていない場合はこちらを試してみてください。


酢糖N

 酢糖2号を葉面散布しますと、植物体内の窒素を同化し体(タンパク)を作っていきます。このとき、土壌中からの窒素吸収が不足してきますと、窒素欠乏症が発生します。
                               C6H12O6(炭水化物)
                      ↓
 NO3───→ NH4───→ NH2───→RCH(NH2)COOH───→タンパク
(硝酸)(アンモニア)(アミノ基)   (アミノ酸)
 上記化学式は植物が窒素を吸収して体を作って行く流れを示していますが、酢糖2号を葉面散布しますと、主成分である炭水化物が吸収され、体内にある硝酸をどんどん同化して行くため、窒素が不足するわけです。それでは、この炭水化物に窒素を加えてやれば窒素からタンパクへの固定が多くなり増収につながるのではないかと考え開発したのが『酢糖N』です。
 この窒素は、ひじょうにおもしろい働きがある有機態の、尿素を使用しています。これは、葉面からの吸収速度が速く、水を100とした場合99.8とひじょうに速く、又、他の成分の吸収を促進する効果もあります。よって酢糖Nを葉面散布すると、ひじょうに早く効果が現れます。さらに、この尿素は葉面から吸収されて、植物体内でアルギニンと言うアミノ酸の一種になります。このアルギニンは葉や根から吸収した窒素を、植物体内に蓄え、他の組織へと転流させる働きがあり、転流した後、各種アミノ酸へと再合成されます。又、尿素に含まれる炭酸ガスは、光合成を行うのに必要な炭酸ガスとしても利用されます。
 ただし、尿素を土壌施用した場合はこのような効果は現れません。どうしてかと申しますと、土壌微生物により、アンモニア、さらに硝酸に変化し植物に吸収されるからです。
(尿素の化学式:NH2−CO−NH2

記述者:原 豊喜

   Copyright (C) FarmTech Co. ファームテック(株) 

Produced by Oita Univ. ISHIKAWA Lab. A. Yanagisako