ファームテック株式会社 Technical Information  技術情報のページ
Welcome to "FarmTech Co., Japan" - Your Partner & Solution to Green-Agri for both Farmer and Consumer! 
ようこそ。弊社は、「食の安全と安心」を念頭に、生産者と消費者の双方に役立つグリーン技術を提供します!
 
フリーダイヤル 0120-23-2335, tel 0972-46-1600, fax 0972-46-1807, email: farmtec@saiki.tv
※プロバイダによってサイトが正しく更新されていない場合はこちらを試してみてください。


ルビスク使用のネギ生産者の声

宮崎県都農町にお住いの長野さん(ご主人77歳)は、ネギを永らく生産されてこられたベテランです。作物に対し、繊細な手間暇をかけられる事を信条とされた生産者です。

暑い盛りの夏場出荷のネギは、葉色が薄く、棚持ちが悪い(養分が薄く日持ちしない)問題がありました。この問題を、長野さんは、同じ地区にお住いの、ミニトマトのページに紹介している河野さんへ相談されました。

河野さんのミニトマトでは、ルビスクが非常に良く効いています。このルビスクを、既に大きく育っている、葉色が優れない、2006年の春蒔きネギに使用する事になりました。使用の結果、2回の散布(7月)で葉色が満足できる驚きの結果となりました。これが引き金となり、秋口播種のネギに対して、苗から出荷まで継続して散布する試験を、圃場全体の面積で実施することになりました。その結果を、長野さん御一家の写真とともに以下にまとめています。



以下は、長野さんへインタビューした生の声を書き下したものです。

長野さんの談:「ネギの生産を年間通して大阪の会社より委託栽培されているグループ(宮崎+熊本)の一農家です。平成18年9月3日に直播きで播種し、11月23日まで1週間おきに9回ルビスクを500倍で散布しました。永年ネギ栽培を行って来ましたが、一生懸命やってもなかなか結果が出ませんでした。今年は、友人からルビスクを勧められ使用しました。その結果、グループ内の他の農家より10日遅れて播種しましたが、収穫は他の農家より早くでき、収量も多く、ルビスクの効果にびっくりしています。ルビスクを紹介してくれた友人、ルビスクに大変感謝しております。夏場の栽培はひじょうに難しく、大変苦労して来ましたが、今後の栽培に自信が持てるようになりました。これからもルビスクを使用し、高収量、高品質ネギの栽培を頑張ってやっていきたいと思っています。」

秋口播種のネギに使用して頂いたのは、ルビスクの展着能を改良した試作品(後日、販売予定で、現在、試験継続中)です。きっちり一週間に一度の頻度で葉面散布を9回も繰り返して頂きました。その結果が上の図として現れています。

ファームテック社の古川社長が、「葉面散布を9回もやるのは大変でしょう」と長野さんに問いかけたところ、長野さんは「農業は手間暇かけてやるものだよ。これまでは、心を込めてやっても、それに応えてくれない資材も多かったけど、ルビスクはちゃんと結果を返してくれる。」とお応えになられたそうです。

上図には記載しておりませんが、ルビスクを何度も繰り返して使用した結果、土壌の肥料が欠如し、肥料切れの症状を示しかけ(色が抜けて薄くなる)たそうです。この時は、河野さんが窒素饑餓の状況を見抜かれ、追肥を的確に指導され、事なきの成果となりました。

2006年のネギの播種の際、長野さんが、播種機の設定を間違われて、密に播種されてしまいました。種会社の技術者が、長野さんの、この作付の生育途中のネギを観られて、「あまりにも厚く(密植)播きすぎているので、商品にするには、間引いてください」と指導がありました。

しかし、ご高齢のため、間引き処理をされず、そのままの状態で放置されていたそうです。その結果、ネギが倒れてしまい商品になりませんでした。

しかし、同じ密植状態のネギにルビスクを散布した箇所では、ネギが起立し、商品として出荷できました。同じような、葉の起きあがりは、大根葉で試験して頂けると速やかに観察して頂けます。

ルビスクの使用は、旺盛に肥料を吸い込みます。肥料切れ症状にご注意ください。

記述者 大分大、石川雄一、ファームテック社、古川治彦
   Copyright (C) FarmTech Co. ファームテック(株) 

Produced by Oita Univ. ISHIKAWA Lab. A. Yanagisako