ファームテック株式会社 Technical Information  技術情報のページ
Welcome to "FarmTech Co., Japan" - Your Partner & Solution to Green-Agri for both Farmer and Consumer! 
ようこそ。弊社は、「食の安全と安心」を念頭に、生産者と消費者の双方に役立つグリーン技術を提供します!
 
フリーダイヤル 0120-23-2335, tel 0972-46-1600, fax 0972-46-1807, email: farmtec@saiki.tv
※プロバイダによってサイトが正しく更新されていない場合はこちらを試してみてください。


JONA内容確認の散布剤
内容確認番号:JF061002MA-0916-0
(JONAでオーガニック認定を受けようとする生産者が、これらの資材を使用する場合には、申請者に義務づけられる説明書、安全データシート等の提出が不要となります。)
※写真はクリックすると拡大したものが見れます。
アミノ酢糖
アミノ酢糖 クリックすると拡大写真がみれます。 成分
 本「アミノ酢糖」は、糖由来の有機酸による炭素源と、多様なペプチドとアミノ酸の同時供給を葉面から行う目的で開発したものです。一見、同じにみえる酢糖2号(下記)と比較した場合、アミノ酢糖は、ペプチドとアミノ酸の含有量の点が異なります。酢糖2号が糖水溶液のみを嫌気発酵させているのに対して、本アミノ酢糖は乳製品など水溶性タンパク質を含ませた糖水溶液を嫌気発酵させています。このため、アミノ酢糖は、酢糖2号よりも多くのペプチドアミノ酸を含有しています。この理由から、弊社がお勧めしている「ルビスク」では酢糖2号ではなくアミノ酢糖を母液としています。

ルビスクと酢糖2号との性能比較
 本アミノ酢糖の生育活性効果は、弊社がお勧めしている生育活性剤「ルビスク」と比較した場合、より穏和な作用効果が特徴です。「ルビスク」の連続使用を肥料不足の土壌で生育している植物に実施すると、欠乏症状を呈します。「ルビスク」の代謝促進効果が激しすぎ、肥料の補給が不充分なためです。生育初期の元肥が潤沢にある状態に対して「ルビスク」により生育を加速させ、味をのせる段階で「アミノ酢糖」に切り替えるなどの使い方をされている生産者もおられます。肥培管理の状態、樹勢の状態にあわせて、「アミノ酢糖」と「ルビスク」をお使い分け下さい。また、これまで「酢糖2号」をご使用の方は、是非とも、植物の味の変化などに対しても御使用ください。

新しい使用方法
 本アミノ酢糖は、「葉面散布剤」として大分大学の石川研究室と共同開発されました。ところが、驚く事に、本アミノ酢糖の希釈水溶液を、トマトなどの植え付け前の土壌や、お茶など生育途中の土壌へ散布しても、生育の活性化が認められました。乳などの水溶性タンパク質と糖水溶液の嫌気発酵で得られる「アミノ酢糖」は、発酵菌がそのまま生きています。また、乳など水溶性タンパク質由来のアミノ酸とペプチドを含んでいます。これらの生きた菌や、ペプチド類が、根張りを促進させている事を期待して、現在、試験データを取っています。
 秋から翌春におよぶミニトマトでは、長丁場のため追肥が欠かせません。しかし、厳寒期で日射量も少ない時期の追肥は、植物体内の硝酸濃度が増加するために味が低下する事が多くあります。この追肥と一緒に「アミノ酢糖」を混用して土壌に投与する事で、改善が認められています(生産者の声欄のトマトの河野氏)。
 是非とも、葉面散布に加えて、植え付け前の土壌や、生育途中の土壌に投入されてみてください。

酢糖1号

酢糖1号 クリックすると拡大写真がみれます。  約500〜1000倍の水で希釈して土壌に注ぐ有機認証の散布剤です。本剤が土壌にしみ込むことにより、乳酸菌などの植物の根にとって有用な微生物の増殖と土壌中の硝酸イオン(NO3-)の低減が生じます。根のための資材です。
酢糖2号
酢糖2号 クリックすると拡大写真がみれます。  約500〜1000倍の水で希釈して葉表面(表と裏の両面)に散布して使用します。サトウキビ由来の糖を原料とした「炭素」源補給資材ですが、十分に有機酸にまで糖を発酵させていますので、砂糖を葉面散布した場合のようなカビなど有害菌の発生は全く起こしません。また、発酵後の水溶液には多様なアミノ酸も含まれている事も本資材の特徴です。実際、茶葉への散布などで、味の向上が認められ好評を得ています。この「酢糖2号」は、他の酢糖シリーズ(酢糖Mg、酢糖Ca、酢糖N、酢糖P、酢糖Mなど)の母液となっています。
酢糖M2号
酢糖M2号 クリックすると拡大写真がみれます。 海藻から抽出したエキスを酢糖2号に混合した葉面散布剤です。海藻特有のアルギン酸、マンニット、ラミナリンなどの多糖類、各種ミネラル、ビタミン、アミノ酸、有機酸を始め、オーキシン、サイトカイニン、ジベレリン、ベタインなどの植物成長ホルモンを含有しています。そのため植物生理活性資材として優れた効果があります。

・効果
@微量要素バランスの乱れを改善します。
A葉のワックス層を強化し、病害虫などに対する抵抗力が増大します。
BATP(生体エネルギー)の生成、光合成を助け、生育を促進させます。
C体内に蓄積した硝酸イオンを削減します。
D品質、貯蔵性が向上します。
酢糖M1号
酢糖M1号 クリックすると拡大写真がみれます。 海藻から抽出したエキスを酢糖1号に混合した土壌灌注剤です。海藻特有のアルギン酸、マンニット、ラミナリンなどの多糖類、各種ミネラル、ビタミン、アミノ酸、有機酸を始め、オーキシン、サイトカイニン、ジベレリン、ベタインなどの植物成長ホルモンを含有しています。
・効果
@有効微生物の増殖により、団粒構造を発達させ、発根を促進します。
A養分吸収が旺盛となり生育が促進されます。
B自己防衛能力が高まり、病害虫などに対する抵抗力が増大します。
C品質の向上(糖度向上、食味向上、着色増進、果実肥大)、増収が期待できます。
酢糖B
酢糖B クリックすると拡大写真がみれます。 有機酸に弊社農場で栽培したハーブのエキスを特殊な方法で抽出し、混合した葉面散布剤です。病気や害虫に負けない農作物を活性化する働きがあります。
   Copyright (C) FarmTech Co. ファームテック(株) 

Produced by Oita Univ. ISHIKAWA Lab. A. Yanagisako