ファームテック株式会社
オンラインショッピング
商品紹介
酢糖シリーズ
 酢糖シリーズ
  <葉面散布剤>
    酢糖2号
    アミノ酢糖
    ルビスク
    酢糖Ca2号
    酢糖Mg
    酢糖M2号
    酢糖P
    酢糖B
  <土壌灌注剤>
    酢糖1号
    アミノ酢糖
    酢糖Ca1号
    酢糖M1号
お客様の声
  酢糖はこちら
その他
  大分大学との共同研究
  「現代農業」に掲載
  特許(酢糖)
  JONA内容確認資材
  リンク
  よくある質問 Q&A
  会社概要
  特定商取引法の表記
  プライバシーポリシー
  サイトマップ
  お問い合わせ

商品紹介


 ミニトマト 宮崎県都農町
  ミニトマト

 9月定植で11月下旬から翌年の5月下旬までが、ミニトマトの出荷期間です。このような長丁場を乗り切るためには、12月上旬の出荷開始時期までに、旺盛な樹勢にしておく必要があります。初期生育を加速させ樹勢を向上させるため、出荷初期には大玉のミニトマトが出来ています。
  下記に示した数値がその結果です。正月前後の最盛期には、30aの圃場から300〜400箱の出荷となります。
  ルビスクは、樹の代謝活性を増し、吸肥能を高め、樹勢を追い込むために効果的に活用しています。この際、常に追肥の見極めを心がけています。

 2006年の秋は、晴天が多く、宮崎県ではミニトマトの花芽の数が増えてしまい、玉太りが思わしくない(Lサイズ中心の)生産者が多数いらっしゃいました。しかし、2006年12月5日(最盛期ではない)の河野さんの出荷状況は、1箱3kgを総数166箱出荷しました。そのうち151箱が2Lサイズで、残り15箱がLサイズでした。9割が2Lでの出荷となりました。

 

   ルビスクが常に活用されている、2Lサイズに揃ったハウス栽培の見事なトマト



生産者で営農指導員の河野さん

 

 

 

このページの先頭に戻る

アンダーバー